HOMEアドバイザーについて投資顧問とは当事務所スタンス証券マンは?セールスとの違い選び方注意点 

アドバイザーについて

  資産の運用を実行するさいに、たいていの投資家にとって、アドバイザーは今後ますます

  重要な要素になっていきます。


  資産運用の第一歩は、アドバイザーの理解から始まるといっても言い過ぎではありません。

    アドバイザーといっても、証券会社で営業セールスをしている人から、証券会社で投資相談を

  受け持つ人、ファイナンシャルプランナーと呼ばれる人たち、マスメディアに登場する評論家

  や経済の専門家など、様々な立場の方たちがいます。
 

  このページでは、当事務所の主な業務であるFPと投資顧問、当事務所の基本的なスタンスと、

  アドバイザーについて簡単に勉強してみましょう。まずFPから見てみましょう。


   FPとは 

  幅広い視点で考えます。


   FPってなに?

FPとは、「ファイナンシャル・プランニング」のことです。

        ファイナンシャル・・・・・「お金とか財務の」の意味

        プランニング・・・・・・・・「計画とか設計、プラン」の意味で

        結局、「お金の設計とか、マネープラン」のような意味と考えて良いでしょう。

最近よくテレビなどでも聞くようになった言葉ですが、アメリカで生まれた考え方です。

おもに個人の金融資産 の運用や管理についての、新しいアプローチの仕方をいいます。

                                           

         またFPには、「ファイナンシャル・プランナー」の意味もあります。

          「ファイナンシャル・プラン」を作り、プランの実行のお手伝いをする人のことです。



   「ファイナンシャル・プランニング」は何をしてくれる?

      FPとは、お客様の状況を総合的に把握した上で、金融商品、税金、金利、法規制などのさまざまな

      知識を生かし、たくさんの商品群の中から、もっともお客様に適切な資産設計をすることをいいます。

       


   なぜFPが必要なの?

 従来からの生命保険とか、金融機関、証券会社、不動産会社など、金融のそれぞれの単独分野

 からのアプローチでは、お客様の資産を適切には管理できませんでした。

                          

 お客様には、金融機関にとって都合の良い商品を押しつけられることが、よくありました。

 そのため、金融機関の都合ではなく、お客様の資産を守る立場に立ち、できるだけ幅広い視点

 から、お客様の資産を管理する目的で生まれてきたのが、FPという言葉なのです。

     そのため、お客様の資産を適切に管理するのに、FPはもっとも適していて、有利な考え方なのです。

   望ましいFPは

 本当にお客様の味方となってくれるFPについて考えると、できればセールスマンではなく、本当の

  意味でのアドバイザーである方が望ましく、また、特定の企業に属するのではなく、独立している

 が望ましいことになります。

 


    日本でも、金融ビッグバンの進展とともに、金融商品が豊富になりました。

      専門家であるFPやアドバイザーをうまく活用できるかどうかが、資産運用のキーポイントの時代に

     なってきています。

                                                                           

     そのため、投資家の資産運用の第一歩は、FPや投資顧問などの、アドバイザーについてよく理解する

     ことから始まります。