HOMEアドバイザーについて投資顧問とは当事務所スタンス証券マンは?セールスとの違い選び方注意点 

証券マンはアドバイザーか 

   証券マンの仕事はなに

   ときどき証券マンのことを、アドバイザーだと思っている方がいます。

      確かに、証券マンは投資家より有価証券に詳しく、教えてもらうことも多いと思います。


   しかし本当は、証券マンは「アドバイザー」ではなく、どちらかといえば「ブローカー」の

   性質が強い職業なのです。英語の「ブローカー」とは、仲買人のことを意味します。

    分かりやすくえば、モノをAさんからBさんへ売る橋渡しをして、手数料をもらう仕事を

   「ブローカー」といいます。

 

 

   ですから、彼らは営業マンと呼ばれています。

   営業マンとは、分かりやすくいえば、セールスマンのことになります。


   最近は、セールスマンとしての印象を薄めるために、「コンサルタント」とか、「アドバイザー」

   などと呼ぶケースもありますが、本質は必ずしもそうでないことを知っておく必要があります。

 


証券マンの役割 

  ただし、営業マンはセールスマンであることをお伝えしましたが、不必要な職業ではありません。

  証券取引法にも、証券会社の4つの機能のうちの1つの機能として、「ブローカー業務」として

  規定されています。


  社会的に見ると、証券マンには、市場の公正な価格を形成することと、流通市場の活性化を

     もたらす重要な役目があります。


  株で損をさせてけしからんから、営業マンをなくしてしまえという乱暴な意見もあります。

  しかし現実の問題として、営業マンが活躍して、お客様に売買をしていただくので、一定の

  規模の証券市場が確保されているのです。


  その結果、上場している企業が証券市場から、公募増資や社債発行などの資金調達を

  効率よく行い、結果的に私たちの生活は、現在のコストで生活ができているのです。