HOMEアドバイザーについて投資顧問とは当事務所スタンス証券マンは?セールスとの違い選び方注意点

   セールスマンとアドバイザーの違い

    マネーに関わるアドバイザーには、今のところ「証券投資顧問」と「FP」があります。

  資産運用の時代には、投資家は「アドバイザー」についてよく知っておき、うまく利用する

  と、資産運用の効果が高まります。

  そのためには、アドバイザーとセールスマンの違いを、よく理解しておく必要があります。


証券マンの収入の元は

  証券マンは、おもに株式などの売買手数料から収入を得ています。

     そのため、どうしてもお客様に、できるだけたくさんの売買をすすめがちになります。

  これは一般的に収入や成績が、セールスの量に見合って評価されるためです。


  すべての証券会社がそうではありませんが、一般的には、手数料収入によって成り立つ

  証券会社は、基本的にアドバイザーと矛盾する立場に陥りやすい性質があります。


      多くのモノを販売する会社の場合、相談料は無料のことが多いので、消費者はタダの相談を

   当たり前のように思っていることが多いものです。

    しかし、その費用は、どこかで誰かから稼ぎ、誰かが負担していることを忘れてはいけません。

  そうです。結局は投資家や消費者が、手数料などの様々な形で負担しているのです。


     一般的に無料のアドバイスの場合、たいていアドバイスをしてくれる人はセールスマンのことが

  多いようです。結局、セールス費用として、人件費がどこかで上乗せされていると考えられます。



 投資顧問料は成果によって決まる

  投資顧問は、証券マンのように手数料は受け取りません。

  助言のための費用を、売買手数料から受け取ることはありません。

  その代わりに、お客様からアドバイスの費用を、明確に投資顧問料として受け取ります。


  受け取る顧問料は一定ですが、長い目で見ると運用成果によって左右されることになります。

  その点で、お客様が儲かれば、投資顧問も儲かるという関係が成り立ちます。

  投資家と投資顧問の利害は、一致しやすいのです。


  したがって、お客様は損をしているのに、証券マンや証券会社だけが儲かるといった図式は、

     投資顧問との間には、あまりありません。

  そのため、業務としてアドバイスを行う投資顧問こそ、お客様の本当の味方になることができる

  のです。